冷めない紅茶と、枯れない花

先日、クロちゃんにそなえたお花。
まだ枯れないんですよ。丸二週間たつけど。
奇麗に咲いてます。
かすみ草とむらさきの花はもともとドライっぽいけど、
カーネーションが生き生きしてるのが、嬉しい。
f0051927_16374636.jpg


イヌオがきた。
「ほっほう」
f0051927_16385919.jpg


「なぜ枯れないか、味見して考えよう」
f0051927_16393512.jpg



だめ!!!!花を食べちゃ!


「はああ〜い」
f0051927_16403690.jpg



じつはイヌオとルナがかじるからベランダに置いてたんです。
何度か水きりしてね。

枯れない花をみていて、小川洋子の小説「冷めない紅茶」を思いだした。
お客様がきたので、その人の大好きな紅茶を出す。
ところが彼女が帰っても、紅茶が冷めないんです。いつまでもいつまでも何故か熱いまま。。。
確かその彼女(お客)、天国から遊びに来ていた、というちょっと不思議なストーリーでした。
[PR]
by inuorunao | 2006-04-19 16:46
<< 猫柱の隣の本棚 知恵熱 >>