飼い主さん向けプログラム

昨日お知らせした、日本獣医学フォーラムの年次大会。

プログラムは、
獣医師向け、VT(動物看護士向け)、そして
飼い主さん向け、と分かれているのですが、
(場所はホテルニューオータニのザ•メイン/タワー)

ママオのところに、届きました飼い主さん向けのプログラムを、
下に記します。
HPからの抜粋です。

もっと考えよう伴侶動物との暮らし
〜どうぶつにやさしい医療〜

9月15日(金)

14:30-17:30  特別プログラム−01「老齢犬と楽しく暮らそう!」
                            矢崎 潤 先生   
                            

17:50-19:50  特別プログラム−02 「見直しましょう!犬と猫のデンタルケア」
                             戸田 功 先生   
                             

20:10-20:55  特別プログラム-03「てんかんの動物にしてあげられること」
                            渡辺直之 先生   
                            

9月16日(土)

09:00-09:45 
10:00-10:45  特別プログラム−04 「家庭犬“うちのこ”にしつけをするとき」
                            西川文二先生  
                           

09:00-09:45  特別プログラム-05「ヒューマン・アニマル・ボンド教育」
                            加藤 元 先生   
                            

10:00-10:45 
11:00-11:45  特別プログラム-06「伴侶動物の保護施設での医療」
                            ケイト・ハーレイ 先生   
                           

10:00-10:45 
11:00-11:45  特別プログラム-07「犬の血統書に記載される遺伝性疾患情報」
                            陰山敏昭先生  
                            

13:05-13:50  市民プログラム-01「現代犬の暮らし」
                            尾形庭子 先生   
                            

13:05-14:50  特別プログラム-08「HABシンポジウム」
                              

14:05-14:50  市民プログラム-02「がんになった動物へのやさしいケア」
                            川村裕子 先生   
                           

15:10-15:55  市民プログラム-03「獣医さんから『“腎臓病”です』と言われたら」
                            竹村直行 先生   
                            

15:10-15:55 
16:10-16:55  特別プログラム-09「伴侶動物との暮らしとお別れ」  
                            柴内裕子 先生           
                             

16:10-16:55  特別プログラム-10「猫の不思議な栄養要求 」
                            坂根 弘 先生  
                            

17:10-19:00  特別プログラム-11「複数の犬や猫と暮らす幸せ」
                            矢崎 潤 先生  
                            

9月17日(日)
 09:30-10:15 市民プログラム-04「麻酔って本当に怖いの?」
                            藤井洋子 先生  
                           

09:30-10:15  市民プログラム-05「伴侶動物のためのやさしい再生医療」
                            岸上義弘 先生  
                          

09:30-11:15  特別プログラム-12「動物たちにもやさしくあいさつしよう!」
                            柴内裕子 先生   
                            

10:30-11:15  市民プログラム-06「アレルギーとどう向き合っていくべきか?」
                            前田貞俊 先生 
                          

10:30-11:15  市民プログラム-07「市民レポート: どうぶつと家族のQOLを優先した
                           獣医療」
                            高畑菜穂子 先生他   
                           

11:30-13:15  特別プログラム-14「HABシンポジウム」
                             

12:30-13:15  市民プログラム-08「猫にとっての楽しい暮らしとは」
                            尾形庭子 先生  
                           

13:30-14:15  市民プログラム-09「外耳炎のケア」 小守-青木 忍 先生   
                            

13:30-14:15  特別プログラム-15 「最も適したペットフードをパッケージから読み取る」                       
                            草間美織 先生   
                           

14:30-16:00  特別プログラム-16「心に問題を抱えた子どもと動物とのかかわり」
                            大塚敦子 先生  
                          

14:30-16:00  市民プログラム-10「高齢動物のやさしいケア」
                            内野富弥 先生   
                           

16:15-17:00 
17:15-18:00  特別プログラム-17「吠える,犬の言い分」
                            矢崎 潤 先生  
                            


関連企業
展示コーナー 働く犬たち・関連団体コーナー
9月16日(土)11:50-18:30 9月17日(日)09:00-16:30 宴会場階 鶴


以上プログラムでした。



※ ペットのエンターテイメント系イベントは、たくさんありますが
   学術的なイベントはあんまりないから、、貴重ですニャ!
[PR]
by inuorunao | 2006-08-05 21:44
<< どこ? 獣医学フォーラムのお知らせ >>