ホラー作家のしたホラー

現在ニュースでも散々報道しているし、大きな波紋を呼んでる直木賞作家の坂東眞砂子さんの「子猫殺し」告白。(日本経済新聞夕刊8/18)。
仏領タヒチ在住の坂東さんは、メス猫3匹を飼い、野良猫との間に子猫が生まれると、
家の隣の崖の下に、放り投げているそうです。
放り投げているんですよ!

「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している」こんな書き出しではじまるエッセイです。

日経には抗議のメールや電話が殺到しているらしいけれど、
影響力のある直木賞作家が全国紙に書いているのだから、あたりまえですね。


避妊去勢については、日本でも「人間のエゴだから」「可哀想だから」という理由で
施さない人が(私の取材の範囲内では男性の犬の飼い主さんに)多いように思いますが、
坂東さんは「避妊去勢と、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ」
と書いているのです。

「子種と殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ、、、獣にとっての生とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ、、人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない。それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない」と続け、
「私は自分の育ててきた猫の生の充実を選び、『社会に対する責任』として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」
と結んでいます。

痛みも悲しみも引き受けてる人の書くような文じゃないような印象を受けています。
むしろ快楽さえ感じているような、コワさも感じた次第です。
坂東さんに愛玩されているという3匹の猫は、いったい今まで何匹の子供を
生み続け、放り投げられてきたんでしょう、、、

ホラー作家の、ホラーな現実。寒気がする、子犬も殺してるそうです、
まだまだ波紋を呼びそうです。

ショックな一件でした。
[PR]
by inuorunao | 2006-08-24 19:00
<< 愛犬の友 新連載のお知らせ >>