ママオが怪我

この頃、わんニャンの怪我防止について、考えていました、、
家の中の怪我も、案外おおいですからね。
うちの猫は、落下や、やけどなどの経験があります。
気をつけないと、、
そんななか、自分が怪我してしまいました、、、



「どうしたの?」
f0051927_0445371.jpg




動物の企画社という事務所に用があったのですが。
ドアを開けた途端、右足の爪を思いきりドアにぶつけ、、、
親指の爪がべりっと剥がれました、、、


「またまたご冗談を」
f0051927_102692.jpg




ホントだって!
ショックのあまり、痛みが感じられなかった。
親指の爪が、、根元だけかろうじてついた状態で、、、


「ぎゃー、ママオ、まじで言ってんの?」
f0051927_0572787.jpg




まじですよ、、
ピンポーンと押して玄関に入った時には、
もう、うずくまっている始末。仕事にならなかった、、


「びっくり、しゃっくり」
f0051927_0585021.jpg




でね、このへん、医者ないんだよ、、と社長にいわれ、
とにかく、一番近い薬局までいき、、、薬剤師さんにみせました。
痛みには強いほうだけど、しんどかった、、脂汗。。



「それで?」
f0051927_051890.jpg



イヌオちゃんは聞かないほうがいいと思うよ。。
、、、履いていたミュールには足が入らないから、
薬局の前にある靴屋で、男物のでかサンダルを買いました、、
しばらく、クツはけません、、ストッキングもくつ下も、、
薬剤師さんが丁寧に応急処置してくれて、助かったけど。
イタい脚をひきずって一度事務所もどって、
椅子に座ったら、今度は「反対の足の親指」を、椅子の足で踏んでしまった、、




「おぬし、呪われておる、 お祓いしてあげよう。あちょーー」
f0051927_17864.jpg




効くといいけど。。。
[PR]
by inuorunao | 2006-09-07 01:39
<< ルナ的看護 新ソファとの出会い >>