ペットトラブル第三回

創美社のHP内で書かせて頂いている「ペットトラブルの防ぎ方」。
第三回めが更新になりました。(月1度の更新)
このブログの「リンク」〜ひとっ飛びで行けます。

↑第三回目は、
広島ドッグぱーくについて書いています。
先々週(10/11)、広島は廿日市までひとっ飛び。
家族が入院中だった事もあり日帰りの取材でした。
この問題は、テレビでも随分報道されたので、多くの方がご存知でしょうし、
直接レスキューに行かれた方もいるかもしれません。
私はドッグぱーくを取材したあと、動物管理センターにいって、
「経営者に指導した」という所長にも会ってきました。
経営者Aには既に連絡がつかず、経営者Bとは電話で話しました。
B氏は思いのたけをびっしりと紙に書いてFAXで私の家に送ってきました。
、、自分も被害者である、という言葉に、言葉を失いました。
被害者はわんこです。
あまりにもひどい事件に、いてもたってもいられず、
週刊誌のトピックスに載せるため
広島に出向いたわけなのです。
譲渡会の前だったので、その告知にもなればと。

登録もされず狂犬病予防注射も打たれていなかったワンちゃんの譲渡会は、
21、22日に行われ、300頭以上の家族が決まりました。
当日の対応については別の問題が少しあったようですが。。。
犬たちが健康に、幸福に今後を過ごせるよう祈るばかりです。

昨日、動物愛護団体より。FAXが家に入っておりました、
経営者に対する告発状を、広島県警本部(生活環境課)に10/27提出したということです。

経営者の動物取り扱い業「取り消し」はもう時間の問題です!

あきる野市のムツゴロウ王国も、閉鎖間際とか。
ねこちゃんも、ここにはいるんですよー。
[PR]
by inuorunao | 2006-10-28 01:49
<< 駅にいた猫 アプティくんの贈り物 >>