ベガとユキ続き
f0051927_20321745.jpg


f0051927_20331588.jpg




ベガと、ゆき。
そもそも何故この猫たちが家にきたかといえば、
『猫のいない人生なんて』
という海外の本を姉が翻訳したことがきっかけ。
今まで犬としか暮らしたことがなかったけど、猫って一緒に暮らすと面白いみたい、、そう言っていた姉が、本当に猫を連れてきた。ベガ、ユキ、そしてクロ、、。
 
室内は、一気に賑やかに。
3匹で走りまわったり団子になって寝たり、肩に飛び乗ってきたり、新鮮な驚きを与えてくれた。
当時すでに独りでアパート暮らしをしていた私は、猫に会うのが楽しみで、離れがちだった実家によく寄るようになった。そして土日だけクロを預かった。クロとすごく気があったから。
私が実家に寄って帰ろうとすると、慌ててクロは追いかけてきて、私の肩に飛び乗ったのだ。
かわいかったなあ、、、

クロは後に正式に私と同居することになったのだけど、この後、ベガとユキのほかに、がんばりーなというメス猫と、ボーヤマと、たまおというオス猫が実家に加わって、猫だらけになっていった!

そんな中、オスたちの勢いに押されてベガが孤立。おしっこまで我慢するようになった。さらに姉が結婚することになって、、、。
 環境の変化に対応しづらくなっていたベガは実家に残り、ユキたちは姉と新居へと引っ越していった。
 ベガとユキは離ればなれになり、友情も終わった、、、はずだった。

だがなんと、ユキが「出戻った」。

姉夫妻が旅行にいくため実家にユキを預けたのだが、そのまま実家にいついてしまった。姉がユキを迎えにくると、姿を隠して絶対に出てこない。
姉は何度かその後もユキを迎えにきたが、その都度ユキは隠れる。何が何でもでてこない。
というわけで、ユキは再びベガとひとつ屋根の下で暮らすことにに、、、
猫は「家につく」というけど、「猫につく」猫もいるのか、、。
ベガとユキ、メス同士の「結束」、美しいではにゃいか。
ユキの心境としてはきっと、
「ベガのいない人生なんて」!
[PR]
by inuorunao | 2007-03-15 20:29
<< 寝ルナ 女の友情 >>