<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
新たな獣医師の誕生

この春、獣医大学を卒業した知人から、
メールが届きました。
国家試験に無事合格したという嬉しい知らせ。
いよいよ獣医さんに、なるのです!

彼、イタミ君とは、「獣医師になりたい」という取材企画で知り合いました。
二日にわたって大学内で張り付いて、獣医の卵の生活を追いかけた。
昨年の1月、場所は雪深い北海道。
獣医学部の教授に、どなたか学生さんを紹介してほしい、と頼むと、
紹介してくれたのが、当時5年生のイタミくんでした。
(学生を見回し、あの人になったらいいなと密かに願っていたので、
心の中でラッキー! )
イタミ君は、とてもソフトな感じの青年なのでした。

麻酔科の彼は、犬の外科手術にたちあっていました。
優しげな表情も、オペ室に入ると、きりりと変わります。

f0051927_1892518.jpg

(機械の側で作業するのがイタミ君)


オペの取材のあと、質問をしました。
「そもそも、何で獣医師を目指そうと思ったのですか?」

犬が好き、猫が好き、、、、というような答を想像していたら、
意外な答えが戻りました。

「ある馬との出会いがきっかけでした。いや、「馬の死」との出会い
というべきか、、」

馬!?

「高校生の時に、TVで 『競馬中継』を観ていたんですよ。
すごく人気のあったサイレンススズカという馬を、応援していました。
ところが、、、レース中にサイレンススズカが脚を故障してしまい、
その場で、安楽死処分になっちゃったんです、、
すごく、ショックだった、なんでなの?って。
もう二度と、走る姿を観られなくなったうえ、安楽死処分だなんて、、
何とか生かす方法はないのかと、、ずっと考えて、その晩は眠れなかった、、、」

イタミくんは、その日を境に動物の安楽死について考えるようになったといいます。
そこから、動物の「命」にむきあう職業に就きたいと思うまでに、
時間はそうかからなかったそうです。
イタミくんの家にも、高齢期にさしかかった犬がいて、
自分が最期を観てあげるんだ、、との思いが高まったそう。

その話を聞いて、私の心も高まりました。
私も、そのサイレンススズカが亡くなったレースを観ていたからです。
私は競馬場にいました。
武豊が騎乗するスズカを、応援していました。
ほとんどの観客がサイレンススズカを目的に集まったというくらいの人気。
ところが、4コーナーの手前で、粉砕骨折、、、
速すぎる脚が、くだけてしまったんです。

馬の骨折は、その程度や状態にもよりますが、最悪の場合は、このスズカのように
「予後不良」として薬殺になるのです、その場(馬運車の中)で、、、、、、
粉砕骨折の治療は厳しいのです。体の重みに細い脚がたえきれず、
治療の最中にも傷んできてしまうからです。

私も競馬場で泣きました。
緑のメンコをつけた、可愛い顔の馬でした。

、、、イタミくんと私は、患者さんの犬のお散歩をさせながら、
話を続けました。構内の雪の上をサクサクを歩き、、、

f0051927_1839859.jpg


私たちはサイレンススズカをしのびました。

「悲しかったよね」
「ホントに悲しかったですネ」
「でも、速かったよね」
「うん、かっこよかった」
ふっと、心と心が通じ合う。そんな瞬間でした。


イタミ君はもともと関東出身。
親元から離れ、北の国でひとり暮らしをしています。
取材をおえて東京に戻ってきてからも、ときどき
メールのやりとりをしていました。


「いつかうちの猫、診てもらいたいな」
「ええぜひ」

あれから1年と少し。
彼から届いたメールの内容は下記です。(許可もらったのでのせます)


「無事、第57回獣医師国家試験の合格証をいただきました^0^

4月からは札幌の動物病院で働きながら、
週1〜2で大学病院でも勉強する生活となりますw
どこまで体がもつやら、、、^^;

でも、ようやく動物や飼い主と接して仕事が出来るようになり、
自分のやりたかった仕事ができるようになります♪
責任や命を預かる、というプレッシャーもありますが、
気合入れて、少しでも多くの命を守って、
ハッピートライアングルを形作れる獣医になりたいです^^

今度、サイレンススズカに報告に行く予定です。
形は違えど、獣医になれること、喜んでくれますかねw」



、、、すぐに私は、携帯に電話しました。
「おめでとうございます!!!
 もちろん試験に通るとは思っていたけど、でもよかった。
 私もうれしい!! スズカのお墓参りにいくの?」
「ええ、いってきます」

高校生の時に、獣医さんになろうと心に決めて、
その夢が、実現する。
でも電話を切る前に、彼は言ってました。
安楽死の問題は、自分の中でまだ解決していない、と。
これから、ゆっくりと答を見つけていくのでしょう。

残念ながら、イタミ家のわんちゃんは、先日、
彼が獣医師になるのを待たずに天国に逝きました。
その時、とても悲しんでいるメールが届きましたが、、、
飼い主としても、もっともつらいことを体験した彼は、
多くの飼い主の「心のケア」もできるよい獣医さんに、
きっとなってくれるはず、、、。

彼のメール内にもありますが、「ハッピートライアングル」
というのは、「獣医師と、飼い主と、ペット」との三角形の関係が
うまくいくことを指します。

真のハッピートライアングルを目指して、
イタミ君、いえ、イタミ先生、がんばって!!
素晴らしい獣医さんに、なってください。

f0051927_2011324.jpg

左から、伊丹さん。酪農学園大教授の廉澤先生。ルナパークこと藤村かおり。
笑顔満開。
[PR]
by inuorunao | 2006-03-26 20:26
大好き グリニーズ   みどりのサクサク


犬用のガムとして有名な「グリニーズ」から、
にゃんと、猫専用 が新発売!
犬用と同じく、歯磨き効果があるそうです。。。

さっそく、買ってみました。


パッケージはこんな感じ。サーモンフレーバー。
1日に18粒まで、と書いてある。。

f0051927_1844440.jpg


さて中身。
一見ドライフード。よく見ると魚の形です。
犬用のがムとちがい、ビスケットだい。


おーっと、早くもイヌオ氏、舌なめずり!
f0051927_18452158.jpg



くんくん、、
f0051927_1924879.jpg



ぱくっ。 
  意外に食べ方が、つつましやか。
f0051927_18492834.jpg




つぎ、ルナ!    
 「えー? なんすか、これ」
f0051927_18501042.jpg



「グ、グリニーズ? 犬ので有名な?」
f0051927_1851297.jpg




グワシッ!!  
豪快だのお。
f0051927_18571092.jpg



ルナの勝ち!




ただ今、お知り合いの*yoko*さん のブログ「珍しいチワワ製造工場」でも、
http://yaplog.jp/kurin-komugi/category_1/
グリニーズがテーマになっています。

こちらのタイトルの   「大好きグリニーズ みどりのサクサク」は、
*yoko*さんのつけた「大好きグリニーズ  みどりのガムガム」の パクリです(わは)


おまけ(感想)
パッケージの裏をみると、猫用のグリニーズはクロロフィル入りです。
わんちゃん用と同様に歯磨き効果がある、、と記されているんですが
イヌオ氏は「まるのみ」してたから、効果が期待できず。
ま、タウリンやビタミンも入っているので、ちょっとしたサプリ程度かと。
また、普通のドライよりちょっと形が大きいので、アゴの小さいルナは、
食べにくそうでした(何度かにわけて食べるから、研磨作用になるのか、、)

もし本当に研磨作用などを求めるなら、歯垢がつきにくいように作られた
オーラルケア用の療法食、ヒルズのa/dの方が効果が期待できそうです。
市販で、歯周病予防のための「デンタルももちゃん」、という点下液も売ってます。

歯周病が様々な病気を招くといわれています。
歯周病の原因は「歯垢」や「歯石」。
チエックは、大切ですね!
(歯垢がつきやすい、つきにくい、は、体質もかなり影響するみたい、、、)
[PR]
by inuorunao | 2006-03-25 19:20
ご報告

先日、週刊朝日に書いたルポ、「犬から子どもたちが学ぶ、命の重さ」
  (ブログにもご紹介しました内容)が、
「3月第1週」の(週刊誌の中の)ベスト記事に選ばれた、らしい。。

以下、プレスチェック評より

 少年による傷害・殺人などの重大事件の前に、動物虐待が行われていたという例は複数あるという。また2割以上の子どもたちが「命はリセットできる」と考えている調査報告もあるらしい。本記事では、学校で「命の重み」をどう教えるのかという課題に対し、犬と子どもがふれあう試みを紹介している。核家族化で身近に死を体感する場面もなく、住環境的に犬や猫といった動物と暮らすことが難しい家庭も多い。だから学校という場で動物たちを介した学習が大切であるとしている。また子どもたちは動物だけを見ているだけではなく、動物を愛する大人を観察しているのだとの言葉は印象的だった。社会的な問題に対する前向きな試みを紹介した良記事といえる。
http://homepage3.nifty.com/PressCheck/oldies/backno.html



何にせよ、励みになります。こうした動物と人の関係が
注目されるのも、うれしいです。またがんばります!
f0051927_8272738.jpg
f0051927_8282278.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-03-24 08:35
世界一、その時ルナは


日本中がもりあがった、対キューバ戦。
じ、じつは私は睡眠不足から、TVをつけっぱなしでウッカリ寝てしまい、
途中6回くらいから観始めました、あちゃー、
でもルナが、ぎゃあぎゃあ叫んで、起してくれたんですよ。

f0051927_4164214.jpg

ルナはずっと、画面に釘づけなのでした。

、、、試合は、はらはらの連続。
ルナも 「あ〜、もう」 という感じで、何度も画面から視線をはずしたりしました、、


f0051927_4251853.jpg





でもでも。  めでたく優勝!
すごいぞ日本、、、、
ね、ルナ、すごいね、よかったね。
お、おい、ルナったらあ、、



f0051927_4281550.jpg




なぜか寝てる、、、
日の丸も掲げられたというのに、、




f0051927_4291972.jpg





歴史的勝利の「瞬間」だけ、見逃したルナ!
それとも、感極まって、、瞑想しているのかな、、
[PR]
by inuorunao | 2006-03-23 04:34
終日ひざ

どこにいると思う?
ママの膝のうえだよ。
f0051927_13545668.jpg



日曜、朝から乗ってたんだ。べったべた。
最近とくに仲良しなんだよねー。
「大好きで、大好きで、一生かけてお守りしたいにゃんこに出会いました」
って、 どっかの議員のまねかー。


f0051927_13585948.jpg

まあそんなわけで、春の休日。まったりラブラブ、ママのパンツは猫の毛だらけ。
同じ姿勢で、7キロ巨大猫を膝にのせ、野球観戦、競馬観戦、、



よっこいしょと、位置を変えようとしたママの、
f0051927_1425087.jpg



脚の指が、つった。 あいたー!
f0051927_1433417.jpg



〈おまけ〉

知ってた?「脚のつりにはバナナがいい」んだって。
いーちゃんのママがいってた。
バナナのカリウムが、人の脚にも、犬の脚にもいいんだってよ!


で、さっそく、バナナを買ってきました。
f0051927_1464163.jpg


もぐもぐ、食った。
f0051927_148365.jpg



イヌオ氏も食べる?
f0051927_1565643.jpg



残念ながら、猫はバナナを食べませんにゃ。
(どっかに好きなコもいるかな)
[PR]
by inuorunao | 2006-03-20 14:22
泣きむし

ルナ、どうしたの?
そんなに、泣いて、、
f0051927_5431648.jpg



さっきいじめたから?
f0051927_546589.jpg



いつものことじゃないか。ふう、、、
f0051927_5465033.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-03-19 05:52
ご機嫌なドライブ
いえーい。
お友達のヨーキー、いーちゃんの特別出演だよ。
f0051927_9264695.jpg

「ママー、加速して、ノリノリで飛ばしてー」
って、まるで、いーちゃんが、運転しているみたい
うーん、いい調子だねえ。
いやっふぉー!!


このブログも、ノリノリで加速してきました〜!
しかし、ぜんぜんルポの報告してにゃい!
ルナとイヌオ氏の生活報告だけじゃないか。
ま、いいか〜。そのうちね〜。
[PR]
by inuorunao | 2006-03-18 09:34
ルナまんじゅう
春ですね。
桜もちが、おいしい季節。
f0051927_912656.jpg



ルナまんじゅうも、おひとつどーぞ。
f0051927_9131265.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-03-18 09:14
鳴きまね


いきますよ。
f0051927_161674.jpg




ほーっ。
f0051927_16164737.jpg





ほけきょ!
f0051927_16171662.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-03-17 16:20
猫の手、貸します


忙しくて、
「猫の手も借りたい」
なんて時。
 お貸しいたします。
f0051927_4435552.jpg



ルナの手は、長いんですから。
f0051927_4443874.jpg



ご堪能くださいにゃ。びよーん。
f0051927_4451779.jpg




こちらもどうぞ。(おーっと、 イヌオ氏の手、みじかっ、、てことは、短足かあ!?)
f0051927_448571.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-03-16 04:51