<   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ルナの奇声のケア

ルナちゃん
絶叫、絶叫。合間にスプレー。
で、いつものパターンで、クロミかルムを動物病院にもらいにいきました。
寝る前に飲ませて、いい子で夜中寝て、、



翌日、、、
ルーナちゃん!
「、、、、」
f0051927_17422939.jpg



調子どう?
「うーん、、」
f0051927_17443383.jpg



どうなの
「はあ?」
f0051927_17462761.jpg



だいじょぶ? いつもカメラ怖がるのに。
「む」
f0051927_17491978.jpg




元気ですかーーーー。
「むむむむむ」
f0051927_17504080.jpg



終日ソファに、ぼーっと、この状態でいました。


ルナは1歳未満で避妊オペをしてるのにもかかわらず、
春秋中心に、近所中に響くようなダミ声で絶叫します。
そしてこの時期は、ソファや壁にも後ろ向きにスプレーします。
疑似発情の疑いもあるし、元々の神経の病も関与していそうです。


夜中に突然、ぎゃーーーーっていうので、私もイヌオも、がばっと
飛び起きちゃうんです。
マンションの上階と隣でも、なんだ?って感じで起きたような物音がするし、、、

で、あまりその状態が続くような時、それと私自身の神経がすりへってしまった時や
どうしても熟睡したい時は、
動物病院で「クロミカルム」をもらうわけです。
問題行動治療などでも処方されている薬。
猫には副作用がないということですが、最低量をあげます、、
錠剤を飲ませるのが(私が)へたで、口から出してしまったりで、すごーく小さく
なっちゃうからホントに少量ですが、ルナにはこれがいちばん効きました。
何がどう効くというと、
まず絶叫しなくなるし、スプレーもおさまります。
私も夜中に5、6回起きずにすむので、体がなんとか楽です。


ただ、ルナがぼーっとしちゃんだよね。
本人もわけがわからないように絶叫して挙動不審になるので、
錠剤のんで本人にとってもリラックスになれば、、という思いですけど。

ゆうべは飲ませるの忘れたら、やはり何度も絶叫、、。それで今日は私が昼間に
眠くてしかたなく、何もテにつかずボーーッ。



クロミカルムについては、また今度の機会にでも、もう少しくわしく。
「猫の病院」の先生にもこの薬については相談済みで、いちおう
安心してあげているところではあります。
[PR]
by inuorunao | 2006-04-26 18:14
どんなサプリも 完結編



いぬお「完結編、オーバーやんか」
ルナ 「完結というより、簡潔に願います。長いとタルいで」

、、、わかったよー


さて、
薬は「効能」が認められているけど、
サプリは。。。?


え、書いてあったりするよ、
街にあふれるサプリ、
何何に効く、何何のために、ってフツーに謳われているよね、、
ブッブー。


サプリは「食品」(栄養補助食品)なので、治療や予防の「効能」を
容器やちらしには表示できないんですにゃ、、本来はね。

「病名」をあげて効能をうたったり、薬と間違えるような表記は
「薬事法」に触れかねにゃいのよね。

と、どうなるかというと、農水省からその発売元に 、おまいさんちょっと、とお呼びがかかり、
指導される。
急速にサプリ市場が広まっている今、薬とサプリの境界線をきちんとひくための「表記のルール」をもうけようということで、農水省もじわじわと動いていましゅ。

でも、規制が厳しくなりすぎると、逆に本当にいいものも見いだしにくくなるってこともあるので
なかなか難しいんですね。
これからは益々、私たち消費者が賢くなり、受け身でなく積極的に「知ろう」という姿勢が
大事になるのでしょう。




ルナ 「ふーん、なるほど、規制ね」
イヌオ「キセイなら、君の奇声をとりしまる」
ルナ 「ウギャーーー」



サプリの旅、ひとまずおしまい。



(この次は、はからずも奇声のとりしまりをされることとなったルナの現状を報告!)
[PR]
by inuorunao | 2006-04-25 14:22
どんなサプリ5

老後のサプリについてでーす。
数年前に、人のボケ症状(今は認知症といいますが)には、DHA、EPAがいいと
話題になったことがありました。
イワシなど青い魚に含まれた成分ですね。

近年、わんこたちのボケの症状に対しても、このEPAが大変
効果があることが、研究でわかってきたそうです。
このEPAが主成分となったサプリが「メイベットD.C」です。
動物病院販売のものです、前に写真もアップしました。
発売元は、明治製菓です。
どこでも取材魔(魔女)の私は、このメイベットの発売元と、
開発した獣医さん(大御所U先生)にもお会いしてきました。
このメイベットに興味をもったのは、
たまたまある、わんちゃんが、
「ボケたのか夜鳴きをして、ぐるぐる回って徘徊して、狭いところに頭を
つっこんでぬけなくなって大騒ぎして。とくに夜鳴きは近所にも迷惑になるので
もう何ヶ月も雨戸を締めっきりで」
という状態だったのが、サプリを毎日飲ませていたら、
症状が緩和したというのです。
ほっほう、、と思ったわけです。
それで、ルナママ御得意の、開発者に直接聞いてみようとなったわけ。
老犬のボケ(U先生は犬ではまだ認知症とは呼ばない、そこまで進んでないので
ボケと呼んでると仰ってました)は、介護する家族が本当に大変なんですね。
その壮絶かつ愛情溢れる介護の現場を紙面で報告し、その後にテレビで
噂の現場としてさらに報告がされたことがあったのですが、
寝たきりになると床ずれも大変。
でも何しろ、大きな鳴き声で(近所を気遣って)参ってしまう家族が多い、
メイべットはわんこ含め家族全員の支えになるサプリでもあると、
その時に思ったわけなんです。
先生の調査では、かなりの割合で効果があるということでした。


猫も老化すると、鳴いたり、徘徊したり、何度も食事をねだったり、排泄困難で
おむつをしたりという子がいますが、
犬と比較したら、体の大きさ等やボケの度合いも大変さがまだ小さいようです。
日本在来種犬(日本犬)にボケの症状が多いと先生は仰るのですが、
その理由は、フードにあるのでは、、という推察をされていました。

海に囲まれた日本では、犬も魚を食べていたんじゃないか、との説です。
それがいわゆるフードの普及で肉を食べるようになってから、ボケだしたのではないかと。
なぜならここ近年で急に犬にボケ症状が観られるようになったからです。
もちろん長生きするようになったからそうした症状がではじめたとも考えられます。
昔はワクチンや獣医療もまだ発展しておらず、犬も今より短命でボケる前に亡くなってた
とも考えられます。
でも、ボケる犬の8割が日本在来種に傾くにはそうしたフードの歴史も関与するのではないかってのは面白い推察です。
で、今サプリとしてイワシ由来の魚油を与えると、非常に脳にいいというのです。

イワシの水揚げ量などを調べると、ものすごく減ってきてます。
昔はとれ放題だったのに。。
U先生は、その漁獲量激減と犬のボケ激増に結びつけておられて興味深かった。
ドッグフードに魚を使わない(今も使わない)のは、
コストの問題
口臭の問題などもあるそうです。

むかし、犬は魚を食べてた、って説、たしかに、ありえるかもしれない。。
でもじゃあ、猫はなぜ魚を食べてたのか、、もともと肉食じゃないのか、
泳げないのにどうやって捕まえたんだよってことになるけど、
それはやはり人の近くで暮らし、魚の味を覚えていったという説が強いようです。

とてもかわいかったくろちゃん、18歳時(うちの猫と同じ名前のわんこ)
好物の豆乳にメイベットを溶かして飲んでいました。
f0051927_4115749.jpg



最後に、動物MEリサーチセンターがまとめたボケのテストをのせます。

犬の痴呆テスト (資料・動物MEリサーチセンター)
1夜中に意味もなく単調な声で鳴き出し、止めても鳴き止まない
2歩行は前にのみとぼとぼ歩き、円を描くように歩く(旋回運動)
3狭い所に入りたがり、自分で後退できないで鳴く
4飼い主も自分の名前をわからなくなり、何事にも無反応
5よく寝て、よく食べ、下痢もせず、痩せてくる
※上記5項目中2項目以上当てはまる13才以上の犬は痴呆の疑い


痴呆犬管理のポイント
・部屋の角をなくし、エンドレスサークルを用意
  (風呂マットを3枚つなぎあわせる等手作りも可)
・多臓器疾患を併発している場合が多いので注意
・関節痛があると痛むので、餌の位置を高めに
・水と餌は、動作でなく「残量」で確認
・冬の室温は29℃を保ち、夏は熱射病に注意
・EPA,DHA入りサプリやフードで症状をコントロール
・生体時計を動かすために日光浴をする
・歩行機能維持のため散歩をさせる
・定時に同じ人が管理をして変化を読む
・起立不能になったら、床ずれに注意
・床ずれは寝返りを打たせて清潔管理


いろいろ調べてるうちに、私自身も今からDHA、EPA飲みたくなったのでした。
魚も食べよう。
あ、猫のフードは今、輸入物のチキン主成分だったニャ、、、
[PR]
by inuorunao | 2006-04-25 04:37
どんなサプリ4


自分はどうかっていうと、
こんなかんじで、、*^^*

f0051927_1557225.jpg


魚油由来のドコサヘキサエン酸は、ぼけ防止、、、
コラーゲンは、通販でコラーゲン巡りしてる知人に、教えてもらいました。
はとむぎは、美白のため、、、DHCは安価でつい買ってしまう、
サントリーのセサミンは、家中で愛用という三浦雄一郎さんのCMに影響された(笑)
アムウエイのビタミンは、知人からのプレゼント、、
ローヤルゼリーも頂きものです。


マイ特別サプリはこれ。
液体ですがサプリの範疇としていいと開発関係者が仰るので、サプリとして使用中。
内容は乳酸菌加工品。
f0051927_165753.jpg



二日酔い、風邪のひきはじめ、おなかの調子悪いとき、口内炎、うつっぽい時、、
万能ですにゃ。
飲んでも塗ってもよし。
アトピーの方が、うんと希釈して化粧水かわりにしたら肌の調子がよくなった話も
聞きました。
ティースプーン一杯弱程度。二日酔いの時はもう少し多め、、効きました。
獣医師で医学博士でもあるN大の先生が開発協力したもので、
ご本人のお腹の長年の不調(すぐにお腹がぐるぐるして、電車の中で困る)も解決したとのこと。さらに専門の感染症の研究途中で、この乳酸菌生成物が、マウスを「延命」させることを
発見し、、希釈して動物医療にも利用がはじまってるそうです。

猫の口内炎や、難治性外耳炎治療に効果があったと獣医師の
方が書面で報告されてました。
実家の猫の外耳のしつこい炎症も、このクアオルトの希釈駅でふいてあげることで、
とってもよくなったのです。
時期によってウツになるうちの家族が、薬をやめてこれを飲んだら、しゃきっとした、と
びっくりしてました。
続けて毎日少しづつ飲む方法もあるでしょうし、
私は二日酔い!や、やる気なく落ち込んだりしたときなど、急な下痢などのとき、
救世主のひとつになってます、、
通販ですが、慈恵医大の一階売店でも置いてあります。



それとこれ。
f0051927_16264051.jpg

f0051927_16271825.jpg


トランスファーファクターと、トランスファーファクタープラス。
免疫力を高める(ことの期待で)、うちの家族が飲んでます、
私は実家にいくたび、それをちゃっかりもらって飲んでます。
調べてみたら、これは某大医学部の癌の治験でも使われてたようです。


私のきょうだいは、これを猫にあげたことがあります。
人間用を動物にあげるのは、代謝の違い等からもよしとされてません
(基本的にノーですね)
が、私のきょうだいの猫が、闘病でもうあとは静かに看取るという瀕死の最後の(すでに寝たまま何も食べられない状態)のとき、人づてに聞いて、このカプセルから中身の粉を出して水で薄め、スポイトで飲ませたら、みるみる元気になって、その後3年以上も生きました。
(ちなみにリンパ腫でした。もう打つ手はないと動物病院でいわれたところからの3年は大きいですね。猫の1年は人の4年分ですから瀕死から12年も生きたことになりますので)
獣医さんも、ええ??と、途中経過をみて驚いたそうです。
何かが動機づけになったのかも。まあ、このサプリの他にも、大高酵素とかその他、いろいろ、飼い主さんの間でよしとされてるものを試したようですが。

ほうほう!と思って、じつはルナもこのサプリを、昨年夏に試したことがあります、
連日の暑さでぐったりして食欲が三日くらいなくなってしまったとき、思い出して。
水に溶かしてスポイトであげたら、数時間後からばくばくごはんを食べてくれました。

困った時のなんとか、、。
科学的に解明できるわけではないから、
やはり心の支え、みたいなものかもしれませんけどね。
まあそれでも元気になるならいいかニャってなかんじ。
うまくハマれば大ラッキー、て感じでしょうね。
[PR]
by inuorunao | 2006-04-24 17:04
どんなサプリ3

私が気になって、とりあえず買ったというサプリは、
シャンペットプロ、という名称のもの。
お試ししたく、バラで買いました。
(一箱は6000円です、、う、、)

このサプリを発売する会社のオーナーのお宅に伺ったとき、
ヒット商品のことを聞いたわけです。
原材料は、シャンピニオンエキス、フィッシュコラーゲン、ビール酵母、
チキンエキスパウダーなど。
「口コミだけでひろがっちゃった」
というサプリなんです。クレアチニンが下がるなど、数値にはっきり出て
効果を実感した方も多いようです。
胃腸の調子を整え、シャンピニオンエキスが便臭も軽減
(人間でも一時、流行ったものですね)。
獣医さんも開発時に協力していると聞きました。
で、このサプリに注目したあと、さらに猫に詳しい獣医さんに、
こういうことってあるかいな(サプリで腎不全防止、あるいはクレアチニン数値がさがる?)
と尋ねてみると、、、
そんなバナナ、という表情です。
それでも、私は興味を持ったのです。

そのサプリのオーナーのお宅にいた猫クンの毛艶が、
ぴっかぴかだったから。しかもいい感じにスマートでね。
f0051927_1803858.jpg

f0051927_18265827.jpg

毛並のよさや柔らかさは、サプリに入ったフィッシュコラーゲンのせいでもあるしょう、と
オーナーはおっしゃいました。そして、
未だ若いけど健康維持の意味で飲ませているところです、と。
「表で保護した野良のコですよ」
とおっしゃるのだけど、ツヤツヤで、マジやわらかくて。
艶がいいということは、健康だということです。
競走馬もそうですが、毛艶で体調のよしあしがわかりますね。
この猫クンを実際に撫でてみて、「ほっほう、、これは」と思ったので、
試してみたくなった、というわけです。

ルナは毛艶がわるいというよりは、毛質が元々あまりよくないんだ。
ルナの毛の固さが、デビュー当時の森昌子さんのあだ名、「タワシ頭」を連想させるので、(もっともあの方、漢方シャンプーで髪質を変え、縮毛矯正したと話題でした、今はストレートですね)
私はルナのことを、よお、タワシちゃん、と呼ぶこともあるのです。
手触りが、本当にタワシっぽくて。

「毛」によさそうな馬刺しを食べないルナに、このフィッシュコラーゲン含有のサプリをあげてみたいなと思ったわけでした。元々くさいうんちの匂いにもいいかも。
便の匂いを軽減には正直抵抗はあるんだけど、
胃腸が整い、匂いが軽減するなら悪くもないか、の気持ちです。

ちなみに、シャンペットプロは猫専用でなく、わんこ共用です。
「シャンペットプロ」をネットでみると、いろいろ説明もでてくるので、興味ある方はどうじょ。
若い方(デビュー当時の森昌子さんの髪型を知らない世代の方)は、
うーん、タワシ頭ってどんなんだろうと、想像をめぐらせてください。
越冬ツバメはいい歌ですにゃ。とううるりーー、とううるりいららーー。
森進一と離婚、そして再デビュー、がんばれ森昌子サン!
本当に歌の上手なひとは、そうそういないのだから。これから是非よい歌を歌ってください。
あ、サップリわからないオチになってしまいました。
[PR]
by inuorunao | 2006-04-23 18:29
どんなサプリ2


動物病院で売ってるサプリもありますね。
結構、いろいろ種類が、、、こーんな感じ
f0051927_2215821.jpg

f0051927_2583162.jpg



アガリクスとか、キノコ系が一時はやりましたね(うちもサンプル頂きました)


ペットショップでの販売、病院販売、そして通販、
ペットのサプリ市場総額は、何と10億円規模にも達するのだとか



毎日飲んでいる例でーす。

柴犬のちびくんは、先天的に足腰が弱く、ひきずって歩いていたんだけど、
獣医さんにすすめられて、グルコサミンを飲んでるんだって。
これ、ちびくんご推奨の、プロモーション700。
f0051927_2265640.jpg


どうやって飲むかっていうと、ママが毎日こうやって、お口あけてー、ぽい。
f0051927_2304055.jpg

サプリをはじめてから、足をひきずらなくなったんだって。



そもそもサプリと薬ってどう違うのかというと、、,

医薬品は臨床試験を経て安全性や有効性が確かめれられて、
国の承認を得ているけれど、
サプリメントは健康補助食品で「ペットフード」の類。安全性は製造者の責任。
医薬品会社が医薬とサプリと両方作っていたりもするから、
限りなく医薬に近いサプリもあるんですよね。
あれもサプリ。これもサプリ。
研究を重ねて出してるものも、ブームに便乗したものも、ぜんぶ
いっしょになって「サプリ」だから、見極めがむずかしィ〜


サプリ一筋のある会社社長は、こんなアドバイスをくれたよ。
「企業の相談窓口に納得するまで相談する。その対応の仕方、知識はもちろんのこと、ネットで相談した時のレスが速いか(一日以内に絶対戻るなど)も見極めのコツ!
動物の健康に関与したことだから、獣医さんの意見も聞くといいですよ、、」
1年以内で撤退しちゃう業者も多いんだってさ。
しっかり研究されたいいサプリを選んであげるのは、飼い主の責任だね。
口コミや体験談も参考になりますにゃ。
歩けるようになったとか、数値にあらわれるなど、
目に見える変化は「効いている」わけだし。

サプリとは宗教である
と言った獣医大の教授もいたっけ。具合が悪いときなど、
たしかにすがる思いで、買い求めることもある。
飼い主の心のためのものでもあるのかもしれない。

このまえ、人間のサプリで、癌に効くと噂のものが実は発癌性物質だったなんて
困った話があったばかり。
どんなサプリでも害になっちゃまずい。
カルシウムの過剰摂取や、脂溶性ビタミンの取り過ぎも
注意が必要とのことです。

うちの猫はサプリはさっぱり。でもね、気になっているものが実はあるんだ、、
もう買ってあるんだ、、続く、、。
[PR]
by inuorunao | 2006-04-23 03:19
どんなサプリ1


最近では、ペットのサプリも種類がいっぱい。
ビタミン、ミネラル、カルシウム、、グルコサミンにコンドロイチン。
f0051927_18593245.jpg


漢方も人気らしい、
f0051927_18544462.jpg



犬猫だけじゃないぞよ、


友人Kさんのリクガメ、ユキちゃんも、サプリ愛用。
f0051927_18431057.jpg

栄養補給のため、週に2度ほどあげるのだとか。
ユキちゃんだけではありませぬ。世田谷に住む、リクガメしげおくんも、
丈夫な甲羅のためにカルシウムを食しているということでした。
リクガメもサプリの時代だ〜。




☆猫は味にうるさいし、なかなかあげるのが、難しいですね。
 うちは前に、クロが禿げた時にミラコート(亜鉛)を缶詰に混ぜたら
 ぼうぼうに生えました。(これはブリーダーさんに教わったものです)
 以前100名にとったアンケートでは、
 サプリを使っている犬猫の3分の1以上が 7歳を超えていました。
 高齢になるにつれて補助的に、また人の成人病対策と
 変わらない使われ方が目立ちました。
 若い犬猫では、皮膚の乾燥や、便秘をなんとかしたいとか、
 体質改善を目指すケースが多かったです。
 飼い主さんの中でも、まったく使わない、ハマる、、と分かれますが、
 本人がサプリ愛好家だと、わりとペットにも使ってる傾向があるようです。
[PR]
by inuorunao | 2006-04-22 19:20
そんなバナナ


1、犬のりょうたくんは、バナナ大好き。
毎日食べているんだって!
f0051927_22235860.jpg


年と共に少し足が悪くなって、病院へいったのですが、
「バナナを食べてる? それはいいことです!」
と獣医さんに褒められたそうです。

前に、人の足の「つり」にはバナナのカリウムがいい、と書いたけど、犬にも、いいそうです。
健康にいい、そんなバナナ〜、のお話。
f0051927_221281.jpg






2、最近、「バナナ酢」ブームです。
バナナ酢とは、、、バナナを黒糖と酢に漬け込んだもの。
バナナ1本を輪切りにし、黒糖100グラムと酢200ミリリットルと一緒に
広口瓶にいれる。(電子レンジで40秒加熱)
取り出したらふたをして常温で一晩置く→翌日から飲める(水やジュース、牛乳で割る)
酢は林檎酢、純米酢、米酢、黒酢など好みのものを使用できます(人気は黒酢のようです)
肥満改善、疲労回復、血液さらさら、、等の効果が期待できるとのこと。

毎日食事前に飲んで2週間め、、便秘がたしかによくなりました。
そんなバナナ〜、の利用法もあるんだよね。

f0051927_2223225.jpg



3、大きな取材をいよいよ明日に控え、朝からそわそわ。
    さきほどカメラマンと時間の打ち合わせをしました。
   ライトを事前にセッティングしなければいけないので、  
   学者殿のスタッフに時間などの最終 確認の電話。
    きのうも話し合ってたけれど、前日だし、細かな話し合い、、
    と、そのとき   
   大変なことが、、、なんか時間の配分おかしくないですか。。。?と
   質問していると、、
  
  「うわっ」と、事務局の人がいうんです。
   「ちょっと待ってください」と電話が切られ、
   しばらくたってかかってきました。
  「すみません、ちょっとトラブルがあって、、結論からいうと、、時間がない」   
   「え?」
  「申し訳ないんですが、取材していただく時間がなくなってました」
   、、、こちらの取材の前の仕事が急に変更になって、
    時間が押しちゃった、、というのです。
     はあ??? い、いまごろ、、
  「埋め合わせはしますので」
    うそ、まってよ、直前になにを。。。
    それですんじゃうの?
 
    この一週間、緊張感を高めに高め、
    明日は最高の状態で臨むはずだったのに。
    今日だって準備のため別の仕事休んでたのに。
 
   中止でなく、延期、ということにはなるわけですが
   「そんな、ばななーーーーーーーー!!!!」だよ。
      
   ルナ、こんな時はさけんでいいぞよ、
   イヌオ、あばれろー。
   もう一度いうぞ。
   そんなバナナーーー。
   服はどうすんだ〜
   
   
  
    
[PR]
by inuorunao | 2006-04-21 23:16
猫柱の隣の本棚


猫柱のすぐ隣に、本棚があるんだけど、、
主にペット関係が入ってます、、
f0051927_231499.jpg



猫モノ、、
f0051927_2314752.jpg



おーっと幻の名著発見! 長生き猫の秘訣がここに、、
絶版ですが、アマゾン中古で買えるかも(宣伝)。猫の病気などのほか、
高田延彦選手〜オフイス北野社長まで猫好きを取材。療法食についても発売元に
色々尋ねました。
f0051927_23324651.jpg




岩合さんの猫の写真集が好き。  藤田画伯の猫画文集も素敵です。
猫ってアートだよね。。
f0051927_2364871.jpg




村上春樹の「空飛び猫」には、翼が生えた猫が登場してました。
噂の「はっちゃん」も、あります。かわいいね、あの子、、
f0051927_2375535.jpg




犬モノも
f0051927_2395532.jpg



いろいろ、、心理面とか介護とか
f0051927_2311323.jpg



ペットの法律関係、、クロごめんね、勉強したけど役立てられなくて。
f0051927_23125410.jpg




犬と共に病院訪問。この本を読んで犬を飼ったり、動物と人の絆に感動した方もおおいはず
f0051927_23134737.jpg





点滴を家でする時などに、勉強しました
f0051927_23151447.jpg



「ねこのきもち」はないのに、「いぬのきもち」はあるのよ!!
f0051927_231612100.jpg




これは、永久保存版の猫月刊誌「キャティア」
残念ながら2年ほど前に休刊となりましたが、写真も美しく、内容も充実して
本当に上質の雑誌でした。
f0051927_21344414.jpg




あれ? こんなとこに馬モノも!!
f0051927_23165789.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-04-20 23:42
冷めない紅茶と、枯れない花

先日、クロちゃんにそなえたお花。
まだ枯れないんですよ。丸二週間たつけど。
奇麗に咲いてます。
かすみ草とむらさきの花はもともとドライっぽいけど、
カーネーションが生き生きしてるのが、嬉しい。
f0051927_16374636.jpg


イヌオがきた。
「ほっほう」
f0051927_16385919.jpg


「なぜ枯れないか、味見して考えよう」
f0051927_16393512.jpg



だめ!!!!花を食べちゃ!


「はああ〜い」
f0051927_16403690.jpg



じつはイヌオとルナがかじるからベランダに置いてたんです。
何度か水きりしてね。

枯れない花をみていて、小川洋子の小説「冷めない紅茶」を思いだした。
お客様がきたので、その人の大好きな紅茶を出す。
ところが彼女が帰っても、紅茶が冷めないんです。いつまでもいつまでも何故か熱いまま。。。
確かその彼女(お客)、天国から遊びに来ていた、というちょっと不思議なストーリーでした。
[PR]
by inuorunao | 2006-04-19 16:46