<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
愛犬の友

今日「愛犬の友」が届きました。

f0051927_2221392.jpg



猫の名がイヌオだけに、愛犬?

いえいえ、「もみじわんこ」(高齢犬とのおつきあいを真剣に考える)の特集コーナーに、
以前私が撮ったコリーの写真が掲載されて、編集部が送ってくれたのでした。

前に違う雑誌のために埼玉までいって取材したコリーのラッキーちゃんのことを、
「愛犬の友」でとりあげることになって、、(すでにラッキーちゃんは天使になったのだけど)
飼い主さんから連絡があったんです。
「じつは介護中の写真は、ママオさんが撮ったものしかないのです。
使用してもよいでしょうか」と。
どうぞどうぞ。
というわけでした。

老犬の介護は以前取材をしてまわりましたが、
飼い主の皆さん、愛情深く、献身的な介護をしておられました。
鳴き声で眠れないなか、根気よくお世話して、、
中には、自分が膝をいためて、鍼をしてる方や睡眠薬を飲んでる方もいました。
、、、
ラッキーちゃんの場合は大型犬で、飼い主さんは排泄のお世話や床ずれ防止の転置に
体力を消耗されたようです。
年と共に脚が思うように動かなくなるラッキーちゃんが「寝たきり」
にならないよう、
娘さんとお母さん二人がかりで一日二度、散歩をさせていました。わんこの効かない脚が
地面ですれないよう、靴下を履かせていました。(靴下はすぐだめになるので、殆ど
使い捨てということでした)

私が撮らせてもらった写真は下のようなものです。(この写真が今月の
「愛犬の友」に、飼い主さんの体験談と共に撮っています)


ひとりが、後ろ脚担当、ひとりが、前を担当。
f0051927_23102282.jpg



大型犬なので、診察台にもふたりがかりで、よいしょ!
f0051927_23113338.jpg



それでも、笑顔。 先生も、飼い主さんも、笑顔!
よき信頼関係のなかで、すばらしい介護をされていたのです。
(笑顔の裏には大変なご苦労もあったと思います)
f0051927_23124650.jpg


そういえばこのラッキーちゃんの介護については、以前他の雑誌で紹介したあとに、
TBSの東京噂のマガジン内の追跡コーナーでもとりあげられていました。

もともとは、ネットで飼い主さんの日記「大型犬の介護」をみつけ、
その熱心さと冷静さに感動し、ぜひお話を聞かせてくれませんかと
メールを送ったのがきっかけでした。
それで病院の診察日に、飼い主さんと主治医の先生に会いにいったのです。

まだまだ、ラッキー伝説は続いてる感じです。
ラッキーちゃんが天使になり随分たちますが、いまもこうして雑誌に紹介されたり、
飼い主さんも、ホームページで老犬介護についてのアドバイスを続けてされていて。

ラッキーちゃんと飼い主さんとの強い絆や、介護の体験は、
確かに、「生き続けて」いるのです!
[PR]
by inuorunao | 2006-08-25 23:30
ホラー作家のしたホラー

現在ニュースでも散々報道しているし、大きな波紋を呼んでる直木賞作家の坂東眞砂子さんの「子猫殺し」告白。(日本経済新聞夕刊8/18)。
仏領タヒチ在住の坂東さんは、メス猫3匹を飼い、野良猫との間に子猫が生まれると、
家の隣の崖の下に、放り投げているそうです。
放り投げているんですよ!

「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している」こんな書き出しではじまるエッセイです。

日経には抗議のメールや電話が殺到しているらしいけれど、
影響力のある直木賞作家が全国紙に書いているのだから、あたりまえですね。


避妊去勢については、日本でも「人間のエゴだから」「可哀想だから」という理由で
施さない人が(私の取材の範囲内では男性の犬の飼い主さんに)多いように思いますが、
坂東さんは「避妊去勢と、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ」
と書いているのです。

「子種と殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ、、、獣にとっての生とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ、、人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない。それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない」と続け、
「私は自分の育ててきた猫の生の充実を選び、『社会に対する責任』として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」
と結んでいます。

痛みも悲しみも引き受けてる人の書くような文じゃないような印象を受けています。
むしろ快楽さえ感じているような、コワさも感じた次第です。
坂東さんに愛玩されているという3匹の猫は、いったい今まで何匹の子供を
生み続け、放り投げられてきたんでしょう、、、

ホラー作家の、ホラーな現実。寒気がする、子犬も殺してるそうです、
まだまだ波紋を呼びそうです。

ショックな一件でした。
[PR]
by inuorunao | 2006-08-24 19:00
新連載のお知らせ

今月から、集英社の関連会社「創美社」の
ホームページで、
ペットトラブル
の記事を書くことになりました。
9/1の防災の日も近いので、
第一回は、ペットの防災対策です。
(読み物ページ」のところにあります)

色々な情報を提供できるよう
努力したいと思います。。

意見がわかれる内容もあるかもしれませんが、
それについて考えてみる、よい機会になれば、と
思っています。


初めは月に一度の更新なのですが、今後場合によっては
2度になるかもしれません。
ルナとイヌオに背中を押してもらいながら、あ、いや、
ぺろぺろなめてもらいながら、がんばります。
[PR]
by inuorunao | 2006-08-23 22:09
濡れるイヌオ

あまりにもイヌオ氏が、だれています

f0051927_5233116.jpg


「暑いよー、ひまだよー」


、、洗うことにしました。
大人になってから、(とくにでぶ屋になってからは)洗ってません
どうなるかな、と思いつつ洗う


シャンプー中、意外とおとなしかったイヌオ
f0051927_5282517.jpg



でもその後が挙動不審  
 玄関にいって
f0051927_52962.jpg


誰かを探したり
f0051927_5382518.jpg


爪といでみたり
f0051927_53073.jpg



ここはどこ?
f0051927_5303847.jpg



私はだれ?
f0051927_5312042.jpg



ようやく、濡れていることに気づく
f0051927_5322141.jpg



ぼーっとしたイヌオにもびっくりですが、
なにより驚いたのは、
濡れても、ぱつんぱつん、ということでした
f0051927_53334.jpg




※獣医さんに、減量用療法食をすすめられました
   昔トライして全く口にしなかったものですが、
 「好きなもの トッピングしていいから、変えて」
  イヌオーーー、スマートなクロヒョウをめざそう
 洗ったら、きゅっとシマるようにね。
  
[PR]
by inuorunao | 2006-08-22 06:00
ひとまねこざる

きのう、ぴなちゃんとイーちゃんの家にいきました。
ぴなちゃんは、シンガプーラ。
イーちゃんは、ヨーキー。
仲良しの、わんにゃんコンビ。私とも仲良し。

f0051927_2102153.jpg



イーちゃんは、可愛い服を持ってる。
ママはペットショップを開いていて、
家にも可愛い服がいっぱいなのだ。

f0051927_211320.jpg


イーちゃんの服、みせてもらう。
おでかけ用のレースでしょ
f0051927_214403.jpg


ひとまねこざるのタンクトップでしょ
f0051927_2154341.jpg



え!?  ひとまねこざる?  おさるのジョージ、
かわいい!うきー!


実は私、おさるのジョージが大好き。
かわいい、かわいい〜と騒いでいたら、、


「ルナちゃんに着せてみる?」とイーちゃんママ。

「でもタンクトップは、猫にはあわないかなあ」と心配な私。

「試着させてみたら?貸してあげる」

「わーい」



家でさっそく「ひとまねこざる」にトライ

f0051927_2234891.jpg




うっきー、サイズがぴったり!!



せっかくだから、「絵本」と一緒に。
日本語版だけでなく、ペーパーバックもいっぱいあるんだ。
f0051927_227735.jpg




うおーーー、(ママオの雄叫び)


後ろ姿〜
f0051927_2282086.jpg



よ、ルナちゃーん
f0051927_2295682.jpg



いいっね 
f0051927_2311187.jpg



ひとまねこざる、買わなくちゃー
イーちゃんママの「まね」をして
f0051927_2321099.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-08-15 02:47
ワンピのモデル

ルナが、
夏のワンピースを着たいというので、、、


似合うかな?
f0051927_2551365.jpg




シッポをたて、モデルになりきり

よ、猫界のエビちゃん目指せ

f0051927_2562193.jpg




ルナ「これイヌオにも着てもらおうよー」
f0051927_2584085.jpg




えー、、無理だよ、サイズも違うし、イヌオには似合わないと、、、



ほら、
ぱつ、ぱつやねん(ぷっ)
f0051927_302948.jpg



おなかが、はみでてるよー、、
f0051927_312617.jpg



イヌオちゃーん   むちむちだねー
f0051927_321171.jpg



てへへ(でた、ベロモデル)
f0051927_325822.jpg



きょうはママオの誕生日だよー、ぺろり
f0051927_312822.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-08-12 03:14
どこ?


にょき
f0051927_22195879.jpg




にょき、にょき
f0051927_22205035.jpg




ふーっ
f0051927_2221303.jpg



暑いなこの時期。
、、、ママオのスカートのなかは、、くらっ
f0051927_22224529.jpg



イヌオーーー!!  はやくでてこいやーー!
[PR]
by inuorunao | 2006-08-05 22:34
飼い主さん向けプログラム

昨日お知らせした、日本獣医学フォーラムの年次大会。

プログラムは、
獣医師向け、VT(動物看護士向け)、そして
飼い主さん向け、と分かれているのですが、
(場所はホテルニューオータニのザ•メイン/タワー)

ママオのところに、届きました飼い主さん向けのプログラムを、
下に記します。
HPからの抜粋です。

もっと考えよう伴侶動物との暮らし
〜どうぶつにやさしい医療〜

9月15日(金)

14:30-17:30  特別プログラム−01「老齢犬と楽しく暮らそう!」
                            矢崎 潤 先生   
                            

17:50-19:50  特別プログラム−02 「見直しましょう!犬と猫のデンタルケア」
                             戸田 功 先生   
                             

20:10-20:55  特別プログラム-03「てんかんの動物にしてあげられること」
                            渡辺直之 先生   
                            

9月16日(土)

09:00-09:45 
10:00-10:45  特別プログラム−04 「家庭犬“うちのこ”にしつけをするとき」
                            西川文二先生  
                           

09:00-09:45  特別プログラム-05「ヒューマン・アニマル・ボンド教育」
                            加藤 元 先生   
                            

10:00-10:45 
11:00-11:45  特別プログラム-06「伴侶動物の保護施設での医療」
                            ケイト・ハーレイ 先生   
                           

10:00-10:45 
11:00-11:45  特別プログラム-07「犬の血統書に記載される遺伝性疾患情報」
                            陰山敏昭先生  
                            

13:05-13:50  市民プログラム-01「現代犬の暮らし」
                            尾形庭子 先生   
                            

13:05-14:50  特別プログラム-08「HABシンポジウム」
                              

14:05-14:50  市民プログラム-02「がんになった動物へのやさしいケア」
                            川村裕子 先生   
                           

15:10-15:55  市民プログラム-03「獣医さんから『“腎臓病”です』と言われたら」
                            竹村直行 先生   
                            

15:10-15:55 
16:10-16:55  特別プログラム-09「伴侶動物との暮らしとお別れ」  
                            柴内裕子 先生           
                             

16:10-16:55  特別プログラム-10「猫の不思議な栄養要求 」
                            坂根 弘 先生  
                            

17:10-19:00  特別プログラム-11「複数の犬や猫と暮らす幸せ」
                            矢崎 潤 先生  
                            

9月17日(日)
 09:30-10:15 市民プログラム-04「麻酔って本当に怖いの?」
                            藤井洋子 先生  
                           

09:30-10:15  市民プログラム-05「伴侶動物のためのやさしい再生医療」
                            岸上義弘 先生  
                          

09:30-11:15  特別プログラム-12「動物たちにもやさしくあいさつしよう!」
                            柴内裕子 先生   
                            

10:30-11:15  市民プログラム-06「アレルギーとどう向き合っていくべきか?」
                            前田貞俊 先生 
                          

10:30-11:15  市民プログラム-07「市民レポート: どうぶつと家族のQOLを優先した
                           獣医療」
                            高畑菜穂子 先生他   
                           

11:30-13:15  特別プログラム-14「HABシンポジウム」
                             

12:30-13:15  市民プログラム-08「猫にとっての楽しい暮らしとは」
                            尾形庭子 先生  
                           

13:30-14:15  市民プログラム-09「外耳炎のケア」 小守-青木 忍 先生   
                            

13:30-14:15  特別プログラム-15 「最も適したペットフードをパッケージから読み取る」                       
                            草間美織 先生   
                           

14:30-16:00  特別プログラム-16「心に問題を抱えた子どもと動物とのかかわり」
                            大塚敦子 先生  
                          

14:30-16:00  市民プログラム-10「高齢動物のやさしいケア」
                            内野富弥 先生   
                           

16:15-17:00 
17:15-18:00  特別プログラム-17「吠える,犬の言い分」
                            矢崎 潤 先生  
                            


関連企業
展示コーナー 働く犬たち・関連団体コーナー
9月16日(土)11:50-18:30 9月17日(日)09:00-16:30 宴会場階 鶴


以上プログラムでした。



※ ペットのエンターテイメント系イベントは、たくさんありますが
   学術的なイベントはあんまりないから、、貴重ですニャ!
[PR]
by inuorunao | 2006-08-05 21:44
獣医学フォーラムのお知らせ



日本臨床獣医学フォーラム、年次大会2006年
の、「飼い主さん向け」パンフレットです。


イヌオちゃん、数えてみて。
パンフ配布を仰せつかりました。

f0051927_22205762.jpg



1枚、2枚、3枚、、
f0051927_2222390.jpg



300枚。
どたっ。(イヌオ失神)
f0051927_2224365.jpg





ご存知の方にもそうでない方にも、簡単にご説明を。



これは、
獣医さん、看護士さん、飼い主さんが「同時に同じ場」で学び、
交流できる、大きなイベントです。
たくさんのプログラムがあり、動物の医療などについて、
たーくさんのことが学べます。

会場は、ホテルニューオータニ。
        9/15、9/16、9/17の3日間です。連休の時。
今年のテーマは、「どうぶつにやさしい医療」


今年で8回め。私はすべての回に参加してきましたが、毎年盛況で、
飼い主さんの熱心さが伝わってきます。
全国の至る所から獣医さんが集まる。飼い主さんが集まる。
教わり、質問もできる。
そういう場ってなかなか、無いよね。

ご興味あるかたは、http://www.jbvp.org
をのぞいてみてね。
動物の健康への意識も高まるし、一緒に暮らす子のこと、
もっともっと考えるきっかけにもなると思います。


市民(飼い主向け)プログラムの例

●アレルギーとどう向き合っていくのか。
●獣医さんから「あなたのお子さんは腎臓病です」といわれたら?
●猫の行動 、トイレ、爪研ぎ、噛み付き、、
●猫の不思議な栄養欲求
●複数の犬や猫と暮らす幸せ
●もっとも適したペットフードをパッケージから読み取る
●うちの子なんでこんなに吠えるのかしら
●見直しましょう、犬と猫のデンタルケア
などなど、、
まだまだ、、あります。。
聞きたいと思う話の部屋(ホテルだから、芙蓉の間、などにいって)、聞けます、
飼い主さん向けは、基本的なことが多いですが、
勉強になります。
記者として、獣医師向けの癌の症例発表会なども拝聴しましたが、
癌の専門医の先生が一同に会し、
熱心に報告をし、(難しかったけれど)非常に勉強になりました。


このフォーラムは有料です。事前登録ができます。
詳しくはパンフに載っています。


で、パンフ300枚は?

f0051927_2240993.jpg



配ります・
犬猫などの飼い主さん、ペットショップ、カフェなどに、、


でもママオは今、頸椎症だし、配るのたいへんじゃない
f0051927_22453338.jpg



、、、、、、



飼い主の方で、お仲間が周囲にいて、どうぶつの健康について
興味のあるかたに、パンフを少し配れる方いらしたら、ご一報を。


9月の連休中ですので、ちょっと遠くても、東京に遊びがてら、というのも
ありえるかと思います。
普段はお話をなかなか聞くチャンスのない、著名な獣医大の教授陣のお話や、
人気のしつけ家の講演もあります。
(去年は部屋から女性飼い主さんたちがあふれてました)


残暑の頃に、赤坂でおべんきょ、いかがザンショ?
(なぬ、締めが親父ギャグ、、byイヌオ)
[PR]
by inuorunao | 2006-08-04 23:17
浴衣でショー2

ルナの浴衣姿、まだあります。
以前の写真ですが、やはり似合うかも!!?



ちゃきちゃき町娘ふう
f0051927_202815.jpg



これは、
3つゆびついて、お帰りなさいまし、、
f0051927_224577.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-08-04 02:05