<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ペットトラブル第三回

創美社のHP内で書かせて頂いている「ペットトラブルの防ぎ方」。
第三回めが更新になりました。(月1度の更新)
このブログの「リンク」〜ひとっ飛びで行けます。

↑第三回目は、
広島ドッグぱーくについて書いています。
先々週(10/11)、広島は廿日市までひとっ飛び。
家族が入院中だった事もあり日帰りの取材でした。
この問題は、テレビでも随分報道されたので、多くの方がご存知でしょうし、
直接レスキューに行かれた方もいるかもしれません。
私はドッグぱーくを取材したあと、動物管理センターにいって、
「経営者に指導した」という所長にも会ってきました。
経営者Aには既に連絡がつかず、経営者Bとは電話で話しました。
B氏は思いのたけをびっしりと紙に書いてFAXで私の家に送ってきました。
、、自分も被害者である、という言葉に、言葉を失いました。
被害者はわんこです。
あまりにもひどい事件に、いてもたってもいられず、
週刊誌のトピックスに載せるため
広島に出向いたわけなのです。
譲渡会の前だったので、その告知にもなればと。

登録もされず狂犬病予防注射も打たれていなかったワンちゃんの譲渡会は、
21、22日に行われ、300頭以上の家族が決まりました。
当日の対応については別の問題が少しあったようですが。。。
犬たちが健康に、幸福に今後を過ごせるよう祈るばかりです。

昨日、動物愛護団体より。FAXが家に入っておりました、
経営者に対する告発状を、広島県警本部(生活環境課)に10/27提出したということです。

経営者の動物取り扱い業「取り消し」はもう時間の問題です!

あきる野市のムツゴロウ王国も、閉鎖間際とか。
ねこちゃんも、ここにはいるんですよー。
[PR]
by inuorunao | 2006-10-28 01:49
アプティくんの贈り物


田園都市線沿線でテニスをしました。
すごい久しぶり、たぶん2年ぶりです。
f0051927_23255034.jpg


(ふたりでの練習で、コートの写真はにゃい〜)

2、3か月前には、頸椎の痛みでまだ整形外科に通ってたし、
爪もはがしたりして調子悪かったから、
走って、すこーんと打てて、嬉しかったです。

中学時代テニス部、大学でも少しやってました。だからテニスは結構好き。


テニス後に食べたケーキも、感動的美味でした
甘いものは、デブ化計画に必須!

f0051927_23305942.jpg



今日一緒にテニスをしたのは、アプティ(ネコのキャラクター)を
描いたイラストレーター氏。

アプティはUFOキャッチャーの景品にもなってます。

で、新商品を、お土産に沢山もらってしまいました。コレクション増え!
イヌオやルナにいたずらされないように、しよう。
(彼らはぬいぐるみについたプラスチックのタグを食べてしまうので)

f0051927_2337201.jpg



いい日でした。

明日からの筋肉痛がこわいけど、、
[PR]
by inuorunao | 2006-10-26 23:49
ねこ柄マットの贈り物

イヌオとルナの誕生日に、
マットを買いました。


イヌオ用
f0051927_272216.jpg



ルナ用
f0051927_282743.jpg



と思っていたのですが、、、


イヌオが迷っています
どっちにしようかな。
f0051927_29158.jpg



両方つかわしてもらうよ。
えーーー(たしかに体おっきいからにゃ)
f0051927_210212.jpg




その頃ルナちゃんは、
f0051927_211919.jpg



ホットカーペットでくつろいでいました。。。
(ルナちゃん、あとで新しいねこマットにのってみてね)


猫たちにお土産をかっても、思う通りにはいきません!
人間の子もそうだけどね、、あっちがよかった、こっちがよかったって、、、。
いちばん喜んでいるのは、猫モノをみつけたママオですが。


明日は、すごーく久しぶりのテニスです!
(首も治ったし、足の爪も治ったし、やっとアクティブなことができます)
[PR]
by inuorunao | 2006-10-26 02:19
麻布大学へ

最近、猫に関する調べものをしていて、
あっちへ、こっちへ、いってます。
日本獣医師会、都獣医師会、出版社〜獣医大図書館

今日は麻布大にいきました。
知り合いの外科のK先生と待ち合わせをし、
図書館の中まで案内してもらいました。

「細かい作業するの、老眼とかへいきー?」
K先生にいきなりいわれ、ショックー。
まだ若いもーん(ていうか先生より3つは若い) 
今度いくときは、思い切り若いかっこでいくぞー。


f0051927_1564215.jpg


こういう古い資料を調べていると、ほこりっぽくて、手もよごれるけど、
おもしろい記述を読んで笑うこともあります。


昭和のはじめに猫の往診に呼ばれた獣医さんが、
「どこも悪くないようですが、どうかされましたか?」と奥さんに聞いたら、
「ねずみをとらないんです、どっか悪いのかしら」
「そりゃあ奥さんがいいものあげてるからでしょう。食事あげるのやめたら
ねずみをとるようになりますよ」
「わかりました、あすから餌あげるのやめます」
、、それでいいんかい!!?

ある院長の告白記事。
「ウチの動物病院の前に、連れ込みの温泉マークの宿ができた。
カップルが密やかに朝から晩まで入っていく。
しかしよくみると、うちに来てる飼い主さんばかりではないか!」
、、、本当かよ!!? 犬預けて浮気かー

ていうか、学会誌にそうした内容がのってるのが不思議!
昔は、競馬の結果が、犬や猫の臨床の記録と一緒に獣医師会雑誌に載っていたことも
はじめて知りました。
しかし、猫の医療は遅れていたのだと、つくづく感じます。
犬の医学の記録は大正時代にも多いけど、猫は昭和40年代でもまだ少ないんですよ。
この15年から20年の進歩はめまぐるしい。でももっと解明してほしいことはいっぱい。


「獣医畜産新報」の資料の上に、ドッカリとのるイヌオちゃん。
f0051927_9264059.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-10-25 02:18
イヌオ3年 ルナ8年

3年前の10月、イヌオちゃんが家にきました。
ちょうどきのうが、記念日でした。
3年!
あっという間でした。

「黒猫のいい子がいます、、見にきませんか。。。」
雑誌の取材で知り合った佐良直美さん(アニマルファンシアーズクラブ代表)から、
電話を頂き、どきどきしながらむかった、横浜の譲渡会場。
(「数ヶ月前に黒猫をなくして寂しい、黒猫にどうしても目がいってしまう」
と話したのを佐良さんは覚えていらしたのだ)

、、、こうしたいきさつで、
イヌオは「栃木県」で保護された後、はるばる横浜まで車でやってきました。
涙目で、やせっぽで。こうもりみたいでした。
おそるおそる指をさしだしたら、ぺろっとなめてくれた。
それが初めてのイヌオとの触れ合いでした。

f0051927_0504227.jpg




イヌオが来た日は日曜日でしたが、アエラの取材があり、
盲導犬と暮らす男性の家にいかねばならなかったのです、、
それでイヌオをケージにいれて留守番させ、夜までずっとでかけていました。
盲導犬の真っ黒いラブはとてもいい子で、、でも、早く家に帰りたくてしかたなかったっけ!
「自分の家にも今日は、黒い、ちっちゃい子がいるんだ!!」
そんな思いで一所懸命しごとをしたことをおぼえています。
f0051927_052435.jpg

f0051927_053166.jpg



仕事から戻り、はじめてルナとケージ越しに対面させたら、大変だったっけな。
お互いに威嚇してね。

f0051927_0544052.jpg




それでも2か月もたてばどうにか慣れて、こんな感じでした。
ケンカは耐えなかったけどね。
f0051927_0552384.jpg




イヌオは、実にやんちゃでした。(女の子だからお転婆、というべきかな)
とても大変で、根をあげそうになったこともあるんです。


「あの黒い子をてなづけたら、君もたいしたもんだ」
そう言ったのは私の父でした、、、手なづけるどころか、今や私はしもべですが。
f0051927_0563876.jpg




イヌオは小さいとき、黒い毛の間に、白い毛がたくさん混じってました。
f0051927_101180.jpg

「この猫、子供なのに白髪がある」 口の悪い友だちがそういって笑いました。


でも可愛かった!
f0051927_161912.jpg



目がまんまるで。
f0051927_165920.jpg



ちいさくって。
、、お願い、一日でいいから、この頃の大きさに戻ってみて〜(今、何倍?)
f0051927_1749100.jpg



3年前はルナのほうが、こんなにおっきかったんだものね。
f0051927_191853.jpg




そのルナもこの秋、家にきて8年目になります。
ルナが来た頃はまだデジカメがなかったから、赤ちゃんの頃の写真は
パソコンにほとんどないけれど。ルナもかわいかったなー。


ルナも手がかかる子でした。ルナのお話はまた今度します!
[PR]
by inuorunao | 2006-10-24 01:27
虎の子

知人から「虎の子になったブタの子」の写真が送られてきた。
カリフォルニアの動物園での出来事らしい。
難産で3匹の「子を亡くしてしまった虎の母」が、精神的ショックで体調を崩し、、
獣医師はちょうど同時期に「母をなくした虎の子」を探したがみつからず、
なんとブタの子に虎の皮を巻いて置いたのだとか。

f0051927_5494755.jpg



すごい大胆だな、とか、それはないんじゃないかとか、
間違えて食べてしまったらとか、心配がよぎったりもしたけれど、
次の写真をみたら何も言えなくなってしまった、、、
これは、、、



f0051927_5503538.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-10-22 06:04
研げない壁

ちょっとー、ちょっと、ちょっと
f0051927_1985743.jpg


なんでー、なんで、なんで?
f0051927_1993590.jpg


これじゃ壁を「タッチ」じゃなかった、ガリガリ、できないんですがー
f0051927_19103117.jpg


、、と、イヌオが騒いでます
そのわけは、、


「柱カバーにゃん」 壁をカバーするビニールシートです。
f0051927_19114268.jpg



先日の砂落とし(笑)のメーカーが、送ってくれました。


ふむふむ、、、、説明の最後に、ガンバってくださいと、、(笑)
f0051927_19131578.jpg




さっそく、、、計って、切って、、
f0051927_19135585.jpg



貼る  ガンバル
f0051927_19145857.jpg



ぴたーっと  ガンバル
f0051927_19153631.jpg




殆どの壁が、イヌオによって傷だらけなのですが、、、
これ以上傷つかないように (ママオは)ガンバル
f0051927_19162884.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-10-21 19:40
復活  デブノート

少しブログを休んでいました。
ご心配いただき、どうもありがとうございました。

おかげさまで、ママオのチチオ(!)は少し落ち着いてきました。
先週、見舞いの合間に、地方まで日帰り取材にいったりもしました。
いろいろな事が、少しづつ、戻りつつあります。

戻るといえば、リバウンド。
イヌオ!
ご覧の通りです。

f0051927_17214851.jpg



ダイエット志したのは数週前。
f0051927_17282362.jpg



動物病院からあらゆるサンプルをとりよせ、、
f0051927_1731165.jpg



ますは繊維の最も高いドライ(r/d)を、、
でもなかなか食べないので、
お湯でふやかして香りがたつようにしたり、一般の缶に混ぜたりして
f0051927_1802967.jpg



缶詰のほうがは嗜好性がいいと聞いて、それもお試し。
(イヌオはまずまず、、じゃなかった、まずい、まずい)
でも少しづつ慣れ、
今までの市販のローカロリーを少し減らし、その分、療法食をたすことで、
300グラムくらい体重が減ってきていたんです。


でも私の「さぼり」で、戻ってしまいました。


ちょうどこのr/d等の療法食を出しているヒルズのS獣医師に会う機会があり、
イヌオちゃんのことをお話しました。


S獣医師の減量ワンポイントアドバイス

 食事の『前』の空腹時に、運動をさせることも大切です。
少し高い場所にフードを置き、それをとりにいかせるなどの方法もありますよ。
(ルナと食事をわけるのが難しいという質問に対しては)
ルナちゃんが食べてる時には、イヌオをケージにいれる、ということができるでしょう?
  

ちょっとしたことですが、大事なポイントでした。
空腹時の運動!
(あまり考えず満腹後とかにやってたかも)




で、デブノート(デスノートではありません)
f0051927_18201750.jpg




肥満は、
むちむちして可愛いし、「枕」にもいいですが、
イヌオは「お腹まわり」が50センチ(皆さんの猫さんも計ってみてください)
私のウエストと10センチくらいしか変わらないのですよ!

私はといえば、、、、
ここの数週間かなりお疲れで、
食べる気力がなくて、
一日おにぎり一個程度、を続けていたら、

 化粧品屋さんに「どうしたんですか?
                    急激にやせました?目がくぼんでます」
 友だちにも「かなりやつれたねえ、げっそりしてる。
                 、、、、なあ、このまま、終わるなよ」

 この言葉は効きました。
「このまま、終わるなよ」

「イヌオみたいく、むちむちしてもいいから、一度太って、
 それから何とかしてもいいんじゃないか、とにかく太れ」
 「ははあ」
「とにかく、炭水化物を摂って太る努力すべし」
(ふつう痩せるときは炭水化物カットだから、逆だね)
ちなみにママオの弟は、この炭水化物ダイエットと走り込みで3か月で8キロ減量。


というわけで、ママオは、イヌオとは真逆に、二重あご目指し(!)

逆デブノート
f0051927_18313110.jpg


(↑イヌオのノートの裏じゃないか、笑)


朝6時から、お米を炊いてぱくぱく。
着火したように食べ始めたママオのおなかはイヌオより膨らみ、
本日、デニムのファスナーが壊れました(爆)
f0051927_18413550.jpg



まあ、何事もバランスが大事です。
「終わらないよう」がんばります。


ルナも元気です。
ルナはこのサンプルがお気にいりでした。
f0051927_192681.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-10-17 19:51
お休み中

家族(猫、でなく親、、)の緊急入院、手術などが
あり、原稿も滞り、あまりにも落ち着かないため、
ブログを休んでいます。
(数日で復活予定ですが)

ちなみに、今、イヌオたちは「砂落とし」のモニターに飽きて、
次なる商品(柱カバーニャン )←壁に貼る透明シートをお試し中。
わざわざウエステル•カンパニーさんが送ってきてくださいました。
これは、ママオが結構気にいりました。不器用なママオでも
壁に貼れました。(なんか斜めってるとこもあるけど)
すでにうちの壁紙はイヌオ氏によってひっかき傷だらけですが、
これ以上ひどくならぬように、貼ってみました。
イヌオは壁紙をひっかけなくなって、きょとん顔ですが。
壁でひっかけない分、爪研ぎを今までより多く置く予定。
[PR]
by inuorunao | 2006-10-08 18:40
アジでルナを釣る

なかなか砂落としのトンネルに入らないため、
結局、もので釣ってしまいました。


乾きものをおいてみた(猫用アジ)

f0051927_230161.jpg


夢中で食べようとしたその瞬間に、フードをかぶせる

f0051927_231613.jpg





ルナ、そのままくわえて、どこかへ逃亡、、、
意味ないじゃん(しかもアジがおおきすぎたため、ちぎってあげた)



この砂落とし、足元のアップ

f0051927_2342935.jpg



ちょっと乱暴に歩くと、ゴムパッキンがとれちゃうのだ。



うちのトイレには、もともとアミアミの砂落しがついてるけど、こういうので
道を作ったほうがまだいいと思うのだよね。

f0051927_2421914.jpg




ちなみに、このトイレ用砂落としを製作中の会社は
「ウエステルカンパニー」といって、
代表的商品は、壁などにはる、ペット引っ掻き防止シート。
それはなかなか使えそうです。
壁をうちの子はよく引っ掻くので、むしろそのモニターをしてみたいぞ!


モニターといえば、今日、粘土会社から、「肉球の型とり用粘土」のモニターを
探してると電話がありました(そんなのばっかですにゃ)
そのうち、お知り合いの方々にお声をかけたいと思います。
前に一度アップしたことあるけど、凹凸型の粘土で、肉球の型をとるのです。
「ぷっくりした型」がとれるのです。
それでどうする、、ってことですが、ただそれだけです ><
赤ちゃんの足型をとるようなものです。
本人の肉球でつくる判子とかのほうが、いいかな。


最後におまけで、イヌオのディープな顔。(よく観るとベロも少しでてる)
何にそんなにびっくり? 凱旋門賞での負けはそう驚くことでもない。
3着はママオの予想とおり。もちろん勝ってほしかったけど。
無事にレースを終えてなにより。けがもなく、それが何より。

f0051927_2505358.jpg

[PR]
by inuorunao | 2006-10-03 02:58